PATTED PACKMAN WALLET

カラバリ増やしております!

このままシートの表皮とかでも全然アリですね。

 

 

 

View this post on Instagram

 

革屋伊平(@kawayaihei)がシェアした投稿

こうやって一本ずつミシンでステッチ入れていきます。

ウチのミシンは「腕ミシン」といって、カバンや靴などを縫いやすいようにした形状のミシンです。

いわゆる「平ミシン」と呼ばれるみなさんが想像されるミシンとは異なった、「ゴツいもの縫うためのミシン」です。

上の動画のようなステッチを入れるための縫いは向いてないですね。。

手で押さえながら生地を送ることができないからですね。。

 

平ミシンも一台あるんですが、基本的に「厚物用」とはいっても、デニムや帆布当の布地の厚物用なんで、革は縫いにくいです。

そんな平ミシンで、がまぐちの内側の生地を縫っていきます。

切り出し、まわりをぐるりと縫った革生地を縫い合わせます。

ここまでできりゃ、ほとんど出来た!

と言えそうですが・・・

ここから口金へはめ込むのが

一番神経を使い、がまぐちの出来、不出来が左右される工程なのです。

続きます!