がまぐちの作り方・できるまで

今日も今日とて、各サイズ商品開発に

これじゃサイズわからんか・・・

そこそこ大きい、口金のサイズは15cmの「ダーツ」入りのがまぐち

ダーツ:つまんで縫うことにより、立体的にふっくらと仕上がります。

こんな感じ。

このワレメが・・・良い仕事するんすよ。

裏返して・・

真ん中から二回に分けて縫ってます。

真ん中から左、真ん中から右と縫えばズレにくいですからね。

革の「漉きかた」も繰り返しサンプルを作ることにより「ふっくら」仕上がるように漉いています。

 

縫い終わり、ひっくり返し、裏地をつけて、口ギリギリを縫う。(整形前)

間違い探し・・・

口金にはめ込む部分の銀面を荒らし、接着剤の食いつきをよくする。

特にこの「クロムエクセルレザー」は油分、蝋分たっぷりなんで念入りにね。

いよいよ最後の難関・・・

口金にはめていきます。

ここ重要!

センター合わせ

がま口がうまく作れない原因のほとんどが、このセンター合わせを理解してないことですね。

ワタシも苦労しました笑

センター合わせたら、仮止めしていきます。

ワタシは口金の大きさにかかわらず、紙紐は「10号」を使ってます。

てか、素材がレザーだから太い紙紐使ったら口金が変形するw

微調整しながら、はめていきます。

こんな「やっとこ」使いながら少しずつ紙紐をはめて留めていきます。

ふっくらしてるでしょ!

これからやや整形して完成です。

ザ・大容量!!

親子がまぐちじゃなく、、、12cmがまぐちを食っちゃってますw

 

ワタシの拳、、一般男性よりかなり大きいんですが、、食っちゃってますw

このがまぐちはストラップ着けてポーチにする方が良いかも・・

もしくは「集金バッグ」とか・・

オプションでインナーポケットとか、ストラップとか考えてます。

このプレーンな状態で

¥11000税込

大きさを確認したい方は0877−73−3848まで!

よろしくお願いします!

欲しい方はこちらまで!