ユニオンスペシャル裾上げについて

裾上げについて

Union Special 43200G

にて裾上げ承ります!

非常にシビアである「糸調子」も全て、TCB JEANS SHOPと同じセッテイングにしてもらっています。

ベテランのミシン職人の方にお願いして、ユニオンスペシャルの特性が最も生きたセッテイングになります。

 

持ち込み裾上げ依頼の時によく

「裾上げ糸のカラバリないの??」

と質問されることが多く、、、

イエローとライトブラウンを追加しました!

これで全ての年代、穿き込んで色落ちしたデニムでの裾上げにも対応いたしました!

さらに

※ここ重要!

マニアックな話になりますが・・・笑

うちが今まで仕上げてた裾幅が左の10mm。

TCB JEANSの出荷時、裾上げ時の幅が8mm。

右の8mmは、「水通し」にてのチヂミが多少ありますが、10mmとの2mmの差って大きいですよね。

この2mmの差を生み出すのが、ミシンのパーツのこの部分。

押さえ

です。

この部分の加工が必要となります。

ラッパと呼ばれるこのパーツ↓

ここを通過するときに、うまく生地が針に向かって進むように癖付けされるんです!

そうです!

ここの輪っかのサイズで裾の幅が決まるんです!

この「ラッパ」は加工出来ないんで、加工するのは・・・

貴重な、貴重な上記パーツ

押さえ

・・・ゴリゴリ・・・

キュイーン

ゴリゴリ・・・

えっと

ラッパとの接触部分を削ることで

8mm

の幅が可能になりました!

クッソマニアックなお話で

ほとんどのお客さんは

「そもそも裾上げしてくれりゃーいいんだよ」

という話なんですが、

一応、8mm幅も出来ますよー

というお話でした。

裾上げのみの依頼もお待ちしております!

 

0877ー73ー3848

メールは

rockaway919@gmail.com

まで!