TCB S40s BLACK!

当然失敗もあります。

型紙からの成形、内張との縫い合わせがうまくいっても

口金に入れてうまく開け閉めできないと「失敗」です。。

「生地の厚さ」がネック。

「口金の剛性のなさ」がネック

この口金は基本的には布地(帆布等)の口金。

革というマテリアルの場合は、ぶ厚いし、ハリがあるので

ぶ厚く邪魔してる部分を「漉く」つまり薄くすることができますが、

ウレタンフォームに、接着芯が共縫いされてる生地だと、漉くことができないんです。

てことで、小さいがま口でこの「パテッド生地」を使うことは振り出しに戻りました。。。

がま口って、小さい方が難しんだよなー・・・

 

試行錯誤していいものを作りますよー!

 

 

TCB JEANS むっちゃヤバいの発表しましたね!

S40sシリーズ、大戦シリーズのブラック。

こんなシルエットのブラックジーンズ、しかもセットアップやで。

うちももちろん入荷します!

追加生産は

「ナシ」

です。

10月リリース予定で、楽しみでたまりません・・・

詳しくは

インスタの、TCB最近のライブ配信のアーカイブにて!

 

 

 

がま口とコード

以前は「ピッグスエード」で内張を作ってましたが

今は「シャンタン地」で内側を張ってます。

カードもスムーズに入り、ゴワゴワしたピッグスエードと違い

開け閉めの口金にかかる負担も軽減されてます。

やっぱり「タブつき」で注文が入りますね。

最初はコシと張りのあるホースハイドと、パテッド加工ですが

開け閉めを繰り返し、ポケットの中で揉まれることにより馴染みます。

不思議と開け閉めの音も変わるんすよ。

革による口金への負担が、革が馴染むことにより軽くなるからすね。

このがま口用のウォレットコードも考えております!

こんな感じのやつを!

これはお客様がお持ちのウォレットコードにスタッズを打つ注文を受けたものですが

ヤれたレザーコードにアンティーク加工のスタッズを打ちました。

「新しい革で作ってよ」

てな注文でしたが・・・

お持ちのコードの雰囲気が良かったので、コードに合わせスタッズをセレクトしました!

こんな注文も

あり

です。

お持ちのベルトにスタッズ打ちますよー

お問い合わせお待ちしております。

rockaway919@gmail.com