ついにトラッカーウォレット

ラフ&エレガント

革物を製作するにあたり心がけていることです。

エレガントっていっても、そんな大それたエレガントではなく、シンプルとラフさの中に、品の良さがチラ見えする。

そんなイメージです。

香水のセンスが良いヤボったいオッサンってイメージか・・・笑

 

トラッカーウォレット

古き良きアメリカのトラックドライバーが使っていたとされる財布がルーツ。

1950年代くらいか?

長距離を走るドライバーは、ケツの下に財布があると落ち着かない・・・

乗車時は尻ポケットから財布を抜いて運転していたそうな。

抜いた財布を忘れないように簡単なチェーンで財布とベルトを繋いだのがウォレットチェーンのルーツ?みたい。

当時トラッカーウォレットは、作りも簡単でヤボったいものが多かったようです。

それから後、使い勝手の良さとウォレットチェーンの落下防止の恩恵によりバイカーに愛用されるようになった。

1950年代からほぼ形は変わってないと思う。

薄くて、ミシンでざっと縫ってあって、コバ処理もせず、何より安っぽい革で・・・そんなトラッカーウォレットももちろんカッコいい。

クタクタになったら捨てて新しいのに変える。

それももちろんいい。

 

うちでトラッカーウォレット作るとしたら??

ラフさの中に上品さを。

見える部分は手縫い。

見えない部分はミシン。

といっても九割手縫いです。

上がクロムエクセル&栃木ナチュラル

下が栃木ブラック

栃木ブラックは荒々しさを少し残すため、傷を気にせずショルダー部を使いました。

横幅19cm

深さも一万円札が頭を見せることなくすっぽり収まるサイズです。

実は一回り小さいサイズも型紙起こして制作中です!

ほんと実際見てもらいたい!

なんなら「思ってたんと違う」

なら返品OKにしよかな。

これも多くは生産できないため、お問合せからお願いします!

ほんとに私は革好きで、「経年変化好き」ですからね。

お問い合わせは

rockaway919@gmail.com

まで!

もちろんウォレットチェーンの穴やハンドルにも対応いたします!